スタッフの負担軽減のために介護ソフトを導入してみましょう

キーボードとマウス

介護ソフトの導入で複数の事業拠点も同一システムで一元管理できる

介護事業業界では、いまだITシステムの導入が推進されておらず、昔ながらの紙媒体での管理や複数の事業拠点の連携ができていないなどの問題もあります。各拠点に事務職を配置し受付業務から経理業務、そして労務管理なども行わせていることも多く、人員不足の要因にもなっています。そこで介護ソフトによる同一システムでの一元管理がおすすめになります。
介護ソフトを導入することにより、異なる事業拠点の情報を本部が一元管理することができます。利用者の情報管理が行え、請求業務も本部で一括管理が可能になります。各事業拠点からデータの提出が不要になり、経理担当を配置しなくても良くなるといったメリットもあります。また、介護ソフトによりスタッフの勤務管理もでき、給与計算も連携できます。さらに独立していた支払管理も介護ソフトで行うことができ、取引先への支払や給与振込なども一元化でき、二重の作業を行っているなどの問題も解決することができます。
本部に管理業務を集中させられるだけでなく、訪問介護やデイサービスなどのスケジュール管理から申し込み受付も管理部門で行えるようになり、各事業拠点から煩雑な事務作業を分離することも可能になります。まずは、介護ソフトで異なるシステムを一元化しましょう。

MENU LIST

介護ソフトの導入で複数の事業拠点も同一システムで一元管理できる

介護事業業界では、いまだITシステムの導入が推進されておらず、昔ながらの紙媒体での管理や複数の事業拠点の連携ができていないなどの問題もあります。各拠点に事務職を配置し受付業務から経理業務、そして労務管理なども行わせていることも多く、人員不足の要因にもなっています。そこで介護ソフトによる同一システムでの一元管理がおすすめになります。介護ソフトを導入することにより、異なる事業拠点の情報を…

介護ソフトで施設外で活動するスタッフの管理も可能

介護事業は、施設管理から訪問介護、デイサービスまで幅広く対応しています。しかし、介護施設外で活動するスタッフもいます。そんなスタッフからの利用者の情報登録から請求情報の集約、スタッフ自身の労務管理も遠隔地から行う必要があります。日報や介護記録を書類提出させては、手間や時間がかかりスタッフの負担も増えます。特に労務管理はスタッフの状態管理も必要になるものの、介護ソフトの導入で解決できます。…

紙媒体での管理に限界を感じたら介護ソフトを使ってみよう

介護施設では、入所者やデイサービス利用者のスケジュール管理も重要です。食事時間から投薬の時間、リハビリや外部医療機関への通院、家族の面会、デイサービスでの到着や帰宅時間の予定など1人分のスケジュールでも情報が多くなります。数人から十数人にもなるとスケジュール管理が難しく、紙媒体での管理は困難なだけでなく、見たい情報をピックアップするのも非効率的になります。そこで介護ソフトの導入が効果的です。…

非常に使い勝手の良い介護ソフトについて

介護事業所では、未だに表計算ソフトや文書作成ソフト等を利用して事務業務を行っているところも少なくないようです。もちろん表計算ソフトや文書作成ソフトも決して使いにくいソフトというわけではありませんが、介護事業所で行う事務業務を円滑に進める為に最も適したソフトとは言えません。全ての事務業務を一つのソフトで一括管理したり、介護記録の電子化を進めたり法人間・医療機関との連携を効率化させたいのなら、こ…

TOP